2019年05月11日

10連休は長過ぎるのか?!

史上最長とかいう10連休明けのウイークデーが過ぎて、週末を迎えています。
「10連休なんて長過ぎ
「3連休3回の方がいい
という人も多いみたいです。
主婦なんかは夫が会社に、子供が学校に行ってくれるとホッとするっていうのもあるみたいで、それはわからないでもないですね。

私は暑いのが大の苦手(だと思い込んでいたの)で、卒業後働き始めてすぐ「毎年7月8月は休める働き方がしたい」というのが人生の目標になりました。
正社員だったのは最初の2年半、あとはそういう働き方ができるフリーになったんですが、やはり日本人の性分だったのか、仕事がくれば断ることはせず、ごく稀に仕事が切れると次に仕事がくる迄休暇…という働き方、休み方をしてきた訳です。
若い頃は、基本的に狂った様に働く仕事中毒でしたが、本心は遊ぶ時は遊びまくりたいと思っていました。
昔文通していたアメリカ人がそんな私を、go to extremesと表現したことがありました。
アメリカ人もそうだよ、私達は一般にwork hard, play hardだと。
そうそう、それなんだよって思ったものでした。

昔から言っていることなんですが、自分の性分としては、9ヶ月猛烈に働いて3ヶ月休むとか、半年猛烈に働いて1ヶ月休むとか、そういうペースが合っているんですね。
男はシングルタスク、女はマルチタスクと言われますが、私は多分シングルタスク型です。
これをやると決めたらそれだけやっていたいんですわ。
まぁ年齢と共に「猛烈」のレベルが下がってきましたけど、そういうペースが合っているのは基本的に変わりません。

本業だった仕事をアーリーリタイアしてからは、人生のハーフタイムと称してかなり長い年月休みましたが、今はたまにパートなどして働くということを再開していますけど、やはり半年とか9ヶ月とか働いて、数ヶ月働かないみたいなペースが心地よいと感じています。
こんな私にとっては、10連休なんて休暇とも言えない休暇です。

日本の会社の正社員になるなんて選択肢は、20代前半に捨てました。
自分にとって心地よい働き方をこれからも探します。
完全週休3日の正社員なんて全く憧れません。
休暇は週単位、月単位で数えるものだと思っていますし、国や企業に決められて与えられるものじゃなく、自分で決めてとるものだと思っています。
これは私が変わり者なだけで、大概の日本人には週休2日で年間働き、GWや夏や年末年始に少しまとまった休みを取る、そういう安定が合っているのはわかっていますが。

heavenlybodies2020 at 18:00|PermalinkComments(2)雑感 

2019年05月10日

確定申告書を郵送したよ…やっと

期限を過ぎて提出したのは初めてです
3月15日の深夜書き終えて、16日未明税務署の時間外提出口に入れながら、15日の23時59分に出したことにしてね…なんて思っていたことは何度もあるんですが。
今年は提出期間中に日本にいなかったんですね。
去年の10月頃かな、ちゃんと税務署に相談したんですよ。
そしたら期間前に準確定申告というのができますって言われたの。
でもそのまま出国迄倒れそうな忙しさで、結局できなかったんです。
4月に帰国しましたが、仕事はなかったんですけど趣味とか優先しちゃって。
というのも、出国前の忙しさの中、とりあえず何らかの事情で帰らぬ人となった時、家の中に他人が入っても恥ずかしくない程度にはしておこうとか思って、表面上だけ片づけたら、帰国してみたら書類がどこにあるかわからなくなっていたんですねぇ。
書類だけじゃなく行方不明で困っているものが他にもあります。
書類捜索にはかなり時間がかかりそうだったので、帰国後の生活設計を先にしてしまいました。
先日「人生の95%は雑事である」なんて記事を書いたのも、書類捜索の為に片づけをし直していた最中でした。
私は今の時代に子供だったら、発達障害認定を受けるんじゃないかと思うんです。
何事も期限ギリギリまでやらないし、片づけとか大の苦手だし。
確定申告なんか来年は2月中にやろうって毎年思うんですが、1年間書類をきちんと整理できたためしがない上、面倒なことは先延ばしする性分で、できたためしがありません。
今はやっと提出することができて晴れ晴れしています。
どういう扱いになるのかわかりませんが。
口座引き落としはしてくれず、延滞金込みの振込用紙が送られてくるって感じなんですかね。
私は今はド郊外に住んでいて、元の地元(❓)に小さなアパートを借りています。
そこの更新が来月なんですが、更新手続きの書類も確定申告書と一緒に出してきました。
こんなに早めに何かを済ませるなんて…と自分に感動してまださめません。
これからは、今できることは今やる…の精神で暮らしていきます。

横浜には、週に1回かたまに2回行きます。
日本のサグラダ・ファミリアとか言われているらしい横浜駅ですが、外観がこんな感じになってきました。
IMG_20190509_232914_985



heavenlybodies2020 at 17:00|PermalinkComments(2)【dinero】 | 税務

2019年05月09日

【ロイヤル次男というもの】イギリスの次男王子が赤ちゃんをお披露目

イギリスのチャールズ皇太子の次男ヘンリー王子は、赤ちゃんが産まれてすぐのお披露目はしないと予め言っていた通り、4月6日誕生の1ヶ月後の5月6日に赤ちゃんをお披露目したらしい。
あれ、男の子だっけ、女の子だっけ。
そこまで興味なくて最後迄読まなかった。
チャールズ皇太子の息子夫婦ってどちらも華がなくてあまり興味ない。

かつてチャールズ皇太子の弟アンドルー王子は、かなりやんちゃ野郎で、いろんな女性と浮名を流した。
確かクー・スタークみたいな名前のポルノ女優かヌードモデルか何かと相性(体の❓)がよかったらしくて長続きしていたと思う。
海辺でパパラッチ(という言葉は当時はなかった気がする)に気がついたら、海に入って海パンを脱ぎ、振り回して見せたという記事を憶えている。
この方確か、誕生日が当時の浩宮さまと数日違いである。
デートだけなら沢山の美女としたらしいが、いざ結婚となると美人でもないスタイルもよくない同棲歴のあるセーラさんと結婚した。
セーラさんは故ダイアナ元妃の友達で、ダイアナさんが自分より引き立つ女性と結婚されたくなかったからセーラさん程度の女性を引き合わせたなんて噂もあった。
アンドルー王子は離婚したが、その後のことは知らない。
王子もおっさんになると海の向こうでなんか話題にならない。

チャールズ皇太子の息子も次男の方はかなりやんちゃ野郎になって、記憶があやふやだが暴力だかドラッグだかに絡む事件をいくつか起こしていた気がするし、本当に本人か私は知らないが、裸の写真を盗み撮りされたこともある。
いざ結婚となると「200人の貴族令嬢に断られた。近寄ってくるのは野心家ばかり」と、真偽は不明だが言ったことがあるそうだけど、実際アンドルー王子より更に意外なお相手と結婚した。
そして今回の赤ちゃんお披露目だが、今のところ肌は黒くはないみたいだ。

野心家といえば、ウィリアム王子の配偶者もその両親も実はその種の野心家だった説もある。
ウィリアム王子を射止める為に王子と同じスコットランドだかの大学に進学したというのだが、ありとあらゆる可能性がある以上、何か言う人が出てくるのは仕方がない。
それは日本も同じで、紀子さま実は野心家説は昔からある。
当時の礼宮さまに見初められた控えめな女子大生だったことになっているが、実は礼宮さまを射止めようと積極的だった説である。
昔は信じていなかったが(てかマジどうでもよかった)、ここ数年の紀子さまを見ていると、そういうタイプの若い女性だった可能性はあるかも、と思えてくる。

いくらでもハイスペ男性と結婚できるチャンスがあり、結婚後も追いかけ回されないで済むイギリスの良家のご令嬢達が、海パン脱いで振り回したり、一糸纏わぬ裸の写真を撮られたりする王室の男性と、好き好んで結婚すると思えない。
日本の皇位継承者はそこまでしないとはいえ、礼宮さまだって今(本人もだが)紀子さまが色々言われているけれど、どちらがより積極的だったかはともかく、紀子さまとさっさと結婚していなかったら、その後素晴らしい女性と結婚できたとも思いにくい。

イギリスも日本も、ロイヤル長男の方が国民に概ね祝福されるお相手と結婚し、最後には幸福になっている様に見える。
チャールズ皇太子は色々あったけれど、最後は生涯最愛の女性と結ばれた。

イギリス王室と日本の皇室は、東西の横綱とも言うべき世界の有名ロイヤルファミリーだろう。
そのどちらも、次男がやんちゃ野郎になりがちなのは面白い。
日本はもう皇位継承者に次男がいなくなりそうだけど。

もちろん全て、現時点の話で、先のことはわからない。


heavenlybodies2020 at 13:00|PermalinkComments(2)【amor】 | 他人の恋愛・結婚