2021年04月28日

【仕事最終日】この足かけ10ヶ月はなんのかんので楽しかったよ😆❗

仕事がある時は睡眠を最重要視して、食事は朝だけちゃんと食べて、昼とおやつ(14時台と16時台)はおにぎり、夜はヨーグルト(色々のせる)という生活でしたが、昨日は4食全部おかずもしっかり食べたら、今朝は起きて最初のトイレでいきなり美しくお通じがあり😆、体重と体脂肪もいつも通りでした。

ごはんの支度の為今度は洗濯をかなりはしょっていますけど💧

おにぎり握るよりどちゃっと乗せるだけの方が朝は早く支度できるし。
DSC09960

仕事が終わったらまた食生活も大事にしていこう❗と思いましたね😆

昨日は魔界エリアで最終日で、頑張ろう😆❗と張り切って臨みましたが、大活躍できたと思っていて大満足でした✨✨

私はXYZエリアの仕事はまぁ普通というか経験の割には遅い方だと思いますが、魔界エリアで私がやっている仕事は滅茶苦茶早くて多分評価もされています。

レギュラー以外で火曜日に毎週入っているのは私だけ(稀に入らないのはXYZが滅茶苦茶忙しい時でそっちに回される)、というかレギュラーでもはじかれている人いますし。

今日で最後なんですとは誰にも言いませんでしたが、来週来なかったら上の方の人達は多分がっかりすると思う。

ここまでは朝書いて、今は通勤中🚃

ゴールデンウィークを前に物量は増えている様ですが、去年よりはかなり少ないみたい。

添乗員さんは12月と3月はお弁当出るんだってよと言っていたし、古株さんは私4月からだけど確かお弁当出てたよって言っていたし、別の人はゴールデンウィークにお弁当出てましたと言っていたのですが、明日は昭和の日だけどお弁当出るなんて話がない😅

3月は進学、就職、転勤で引越の季節だけど、東京は転出超だったそうだし、新生活に向けて買い物っていうのが減っているんだろうね💧

コロナで引っ越しちゃう人ってフットワーク軽いなと思う。

私は引越多かったけど、この年になると簡単には動きたくないわ。

てかどこにいてもあまり変わらないし💧

植草君がSNSで、毎日楽しくてしかたがないみたいなこと言ってるらしい。

錦織君も今が一番楽しいって言ってるみたいだし。

わかるなぁ…50代っていいよ❤そしてそれは必ずしも年収とか住所やらお家やらのランクとかで左右されるものではない😆

私は底辺派遣で契約更新できなかったのに、ボロアパートを出て最後の仕事に向かいながら、マスクしていてよかったなと思うくらい満面の笑顔になってる😆

なんかこれはもう、大概のことでは動じない充足感である❤

私の美容のバイブルに、食べ物で内側からきれいになると肌は大概のことでは損なわれなくなっていくみたいなことが書いてある。

心の内側に幸せの源があると大概のことでは不幸になれない。

heavenlybodies2020 at 09:00|Permalink雑感 

2021年04月27日

発酵玄米失敗する《猫日記》ごめんね、なつ😢

今週の発酵玄米はパサパサで、おにぎりがうまく握れなかった😣💦

3日分炊いてあるのでちょっと憂鬱になった。

そういえば米を研いで炊飯器の内釜に移した時、水を適量迄足した記憶がない😱

金曜日はバタバタしたからなぁ…余裕をなくすとロクなことないわ。

食べていてもポロポロ落ちてイライラするので、今日は弁当もどき、弁当箱はないし、適当な大きさのタッパーも空いていないし、箸箱もなかったけど、休憩室は区切られていて人からはあまり見えないからどうでもいいやと思った。

朝ごはんと全く同じ😅
DSC09956
前の晩に炒めてあったものをどちゃっとのせただけである😅

💩は55秒以内に出ないと腸に不調があるそうです。

私は3秒か5秒で出るよ😆❗

つるん❗キュッ❗って感じ。

飯は映えより中身だよ😆❗(⬅信念)

出勤は今週で最後、ちょっとせいせいしている😆

やはり半年くらい働いたらちょっと休んでリセットするくらいがちょうどいいかも😆❗

今はコロナ禍で次の仕事がないけど💧

猫のボランティアさんも、一緒に活動していた人がコロナ禍で仕事がなくなって、自分が食べていくのが大変で猫どころではなくなったと言っているそうだ。

なつは最初の予定と違う獣医さんのとこで昨日オペして、やはり妊娠していたそうだ😢

なつ、ごめんね😢

実兄とHしてたことを日曜日に話したら、きょうだいだと子猫は耳が聞こえなかったり肋骨が足りなかったりするから産まない方がいいわと言ってた。

可哀想な猫ちゃんを増やさないっていうけど、妊娠したものをダメにしちゃう方がよっぽど可哀想😣だと思ってしまうんだけど、まぁ人間も出生前診断で産まないこともあるみたいだし、妊娠したこともない私がヒトゴトで言ってはいけないことかも知れなかった。

ボランティアさんいわく、猫は高齢で出産子育て困難なのに妊娠することがあり、出産の途中で力尽きたり、産まれても育児放棄したりすることがあるらしい。

子猫の頭だけ出た状態でにゃあにゃあと訴えてくるから、子猫の頭を引っ張って出してやったら、出てきた子猫をくわえてささっと逃げて、あーそーかい💧まぁいいけど💧と思ったそうである。

だがなつは去年生まれの初妊娠、物怖じしない果敢に攻めるコなので子育ても頑張ったかも知れないのに、姉妹のあおは産むのに、可哀想なことをした😣やはりやめておけばよかった😣と気持ちが沈んだ。(尚、妊娠していた場合処置費用も上がるらしい…まぁそれはいいけど)

あおとなつともしかしたらネロも出産したら子猫だらけになってどえらいことだけど、猫はちゃんとソーシャルディスタンスがとれるんだよね。

なつのママのネロとおばあちゃんのマンボが同時出産した時は、マンボ母子はすぐに来なくなった。

ひとつのエリアを競合しないんだよ。

それでも何度か餌をあげたからだと思うけど、マンボはその後成長した子猫を連れて私に挨拶した❤

ネロの初めての子育ては、ネロの兄弟のマロンが一緒だったし、ネロの去年の子育ては、一昨年生まれの息子のルンバが一緒だった。(まぁルンバはしまいには妹のなつにのっかっちまったが💦)

ボランティアさんは、猫は母娘で子育てしたり、姉妹で子育てしたりするって言ってたけど、うちの庭では男の子がお手伝いしてた😘

野良猫の社会って意外とうまく機能しているんだよ。

猫は基本単独行動者だけど、家族は意外と寄り添っているし、かといって甘えない。

自主独立❤本当に大変な時は助け合う❤私の理想❤で、私は天涯孤独でも別にいいと思っているけど(まぁ先のことはわからない)、あんな家族ならいいなと思うし、人間の家族より余程羨ましい思いで見ている😍

産まれなかったお蔭で飢えない、寒くない、病気や怪我をしない、よかったね❤…そんなことあるのかな。

ボランティアさんは、次はネロとまるとえりを避妊させるつもりだろう…どうしようかな。

今日は最後の魔界エリア、頑張ります😆❗

heavenlybodies2020 at 08:00|Permalink雑感 

2021年04月26日

《猫日記》ボランティアさんに勧められ避妊させることにした😣

うちの庭猫にママ猫のネロとなつ、まる、えり、あおの4きょうだいがいて、ボランティアさんの訪問を受け、シャム猫(雑種)がお腹大きいですけど産ませますか❓と堕胎を勧められた。

目が青いのであおなんだが、きょうだいの中で大きいのでオスかと思っていたら、シャムの雑種なので外来種混じりだから大きいのだそうだ。

確かによく見ないうちにお腹タポタポになってた😅

避妊はともかく堕胎なんて、猫の形になっていたらもう猫殺しじゃん😱と思ったが、よく見るとネロも妊婦かも知れず(ネロは3年連続子猫を連れてきた)、なつも妊婦には見えないが2月にブログに書いた通り交配らしきことはしている。

私個人は、野良は可哀想だから避妊するというのは人間が勝手に思って勝手にしてることという気持ちがある。

だが、ブログには書いてないけど、4月4日に親宅の敷地内で猫の死骸を見つけた。

専門家じゃないから断定できないが普通の死に方じゃないなと思って、猫嫌いもいるだろうからと、庭の猫ハウスを撤去し、皿で餌を与えるのは止めて、牛乳だけ夜に与えて夜のうちに皿を撤去する様になっていた。

そうこうするうちボランティアさんが訪ねてきて、虐待されたと思われる猫の写真、近くにあった凶器らしきものの写真、回虫が混じった猫の💩の写真を見せられたり(回虫に栄養を取られて食べても食べても栄養失調)、この辺りでエイズに感染したオス猫が見つかっていること、原発事故以降白血病の猫が増えていることなど話を聞かされて、“可哀想な猫が増えない為に”避妊することに同意した😣(避妊費用は私が負担)

ボランティアさんは私が猫殺しみたいで嫌だと最初に言ったのは尊重してくれたらしくて今回は(あお)はやめましょうと言い(もっともお腹の大きさから胎児の大きさはわからないそうで、5匹いたら胎児がまだ小さくてもお腹は大きいし、2匹だけなら胎児がかなり大きくてもお腹はそれ程ではなかったりするらしい)、庭に捕獲のカゴを設置し、程なくなつを捕獲した😣

なつは警戒心が弱いコなのでなついたという程ではないけれど名前をなつにしたが、まるやえりが遠くで見ているのにさっさと捕獲されてしまった😣

30日に手術の予約を入れ、私は自宅に帰らなければならなかったが、ボランティアさんがそれまで自宅に置いてくれるとのことだった。

うちの敷地の猫の死骸についても、今度あったら保健所に連絡する前に私に連絡下さい。私は死んでいても病院に連れていって死因を調べます。そういうデータを集めると警察も動いてくれて、犯人はいずれ見つかりますという。

殺処分される猫は日本で十年で6割減って、(親宅)市では去年は2匹、それも怪我や病気でほとんど安楽死ですとのことだった。

ご自身は引き取り手のない怪我や病気の猫を8匹飼っているそうだ。

野良猫を探して毎日自転車で(親宅)市を回って十年だという。

こういうあまりに正しい人を前に、野良猫には野良猫の幸せがあるという気力はなかった😣

だが、子猫を守る母猫の姿、うちの庭でじゃれ合って遊ぶ代々の子猫のきょうだいの姿、寄り添って眠る親子やきょうだいの姿を思い出すと、それを断ち切るのがどれだけ猫にとってありがたいことなのかという思いもどうしても消せなかった。

庭で不審死していた猫も、母猫やきょうだい猫と幸せだった時期があるだろうし、単独行動者になってからもただ苛酷なだけの日々ではなかっただろうし、猫になったことはないからわからないが、猫は人間と違って産まれてこなければよかったなんて概念はなく、何があろうと自分から死を選ばないだろうと思うからだ。

人は誰か特に愛するひとに看取られることを幸福な死だと思っている。

私はひとりで、いい人生だったなぁと思いながら、神様とお話しながら死にたいと思っている。

発見者の心の平和の為に、穏やかに安らかに死にたいが、もし事故やなんかで苦痛の表情で死んだとしても、可哀想だとは思わなくていい。

死に方が不運でも、それ以外でもいやなことや苦労は色々とあったにしても、産まれてきて生きたことが不運だったことは人生でひとつもなかったのだから。

天涯孤独でも幸せだと思っている私が猫に避妊することに抵抗があるのは矛盾していないかという思いもあるのだが、私が抵抗があるのは避妊の先にある最終目標である野良猫をゼロにすることが猫にとっていいことと完全に思い切れないところにある。


heavenlybodies2020 at 00:00|Permalink雑感