2020年11月22日

帽子を買う《素敵なおばさん、素敵な50代になるのは難し過ぎる》

昨日イオンにズボンと帽子とショルダーバッグを買いに行きました。

ズボンは忙しいし乾かないしで洗濯物が回らなくなりそうなので買おうと思ったのですが、うちに(着もしない)が沢山あるのにまだ増やすのか😱と思ったらげんなりしてやめました。

処分が先ですね❗

ショルダーバッグはイメージしたのがなかったのでやめました。

という訳で帽子だけ😆
DSC08617
私は帽子なしで外出することはないかぶり物の人なんですが、紫外線対策と防寒目的でお洒落心はないので選ぶのはかなり適当です😆

さて、近藤真彦の活動自粛が話題になっていて、あの人メジャーなタレントがいなくなってたジャニーズ事務所の救世主だから大事にされてたんだそうで、なんか日本のサラリーマン社会みたいだなと思いました。

社畜として奉公滅私する代わりに一生面倒見るよって感じだったのが、仕事してないのに高給とってる50代社員に若手の不満が募ってきたみたいな構図が💧

中山美穂が女優業がドンづまりで、昔のヒット曲を金に換えようとしているらしいです。

ずっと主役だったので今更脇役ができず、お母さん役なんかにもシフトできなかったらしいですね。

微妙な時期に休業してたしね。

復帰後はしばらく主役やってたけど、若いイケメンと恋愛するこぎれいなおばさん役なんて、いつまでも需要はないわな。(そういう人は実際いるんだけど、女の反感買うしな)

かといって、歌手中山美穂なんて、女優中山美穂よりもっと需要ないのに、本人わからないのかね。

ゴクミがおばさんみたいなハタチくらいの娘を売り出そうとした頃もあったけど、挫折を知らないまま休業した女優って日本の需要がわかってない浦島花子になって帰ってくるよね。

そういえばヨーロッパ暮らしなんかしてたのも共通してる。

中山美穂とかそのままパリにいたら今頃コロナでロックダウンでいずれにしてもろくなもんじゃないか。

近藤真彦も中山美穂もゴクミも私はまさに全盛期を知る世代なんだが、みんなちょっと残念な50代になってる。

まぁゴクミはまだ40代だし、子の代まで一生遊んで暮らす金があるから残念じゃないか。

ネットみてるとイタいおばさん(またはアラ40、アラ50…)になってませんかみたいな文言をよく見る。

うるせーなと思うが、素敵なおばさん、素敵な40代、素敵な50代になるのは人一倍輝かしかった芸能人ですら難しいことなんだね。

そうそう、近藤真彦の元カノだってあんな50代になると誰が思った❓(お金はあるみたいだけど)

このブログは一時期、アイタタシングルライフってタイトルでやってた。

でもハイ、私はイタい独身です、わかってますよ〜みたいな感じが嫌になった。

そんな他人に媚びる(❓)暮らししてないもの。

ちなみにワインカラーの日々とは、映画ゴッドファーザーの主題歌Speak Softly Loveの歌詞からとってます。(ワインカラーの昼間という方が正確なのかも知れませんが)

若い時代がバラ色の日々だとしたら、今はぶどうの収穫期、または熟成されたワインの日々ではないでしょうか…といいつつ、現実には収穫だの熟成だの程遠いですね😅

heavenlybodies2020 at 13:00|PermalinkComments(0)雑感 

2020年11月21日

フライパンを買う【東山紀之】って芯のある努力家なんだろう

佐川急便の受け取りを12〜14時に指定してあったのに、11時に来て早めに来ましたと言った😔

どうせ寝坊するしと思って午前指定にしなかったんだし、実際10時半起きでまだ顔も洗わず髪もとかさず状態だった。

私も物流業界に3年いるので、そろそろ物量増え始めてるんだろうと思うんだけど、早めに来られてもありがたくはない😔

届けてもらったのはフライパン😆
DSC08613
残りの人生でずっと使うので日本製で8千円台。

自宅で熱を使う炊事を長いことしていなかったんだけど、自宅県で仕事や習い事を始めて自宅滞在が増えたのと、寒くなってきて温かいものが食べたいのとで、フライパンを買った😆
DSC08614
自宅に届けてもらえばいいんだけど、自宅にもカタログが届く様になると鬱陶しいので、親宅に届けてもらった。
DSC08615
このまま自宅に持っていく😅

基本的に日本製を買う😆❗

習い事の練習着もアマゾンとかだと2〜3千円からあるが、私はモノを長く使うから、1万前後の日本製買ってる。

さて、東山紀之がトーク番組で今はいないが嫌いだった先輩のバックダンサーを拒否し続けたと話したらしい。

まぁ普通に考えて田原俊彦なんだけど、彼にまつわるジャニーズの後輩にあたる誰かの話をネットで読んだことがあり、こんな傲慢で嫌な奴私なら我慢しないわと思ったことがある。

近藤真彦の不倫が話題になっているが、田原俊彦の方があからさまなプレイボーイでチャラチャラしているらしい。

私は東山紀之の良さがさっぱりわからなかったのだが、嫌いな先輩のバックダンサーを拒否し続けたというのにはなんか好感を持った。

錦織一清と植草克秀はニコニコしてやっていたそうで、自分達の方が歌もダンスもうまいのに、ダンスは知らないがあんな歌が下手な人のバックダンサーなんかよくやっていたと思う。

東山紀之ってジムで鍛え続けていて今も体脂肪は1桁を保っているそうで、確かに50過ぎのオッサンには見えない。

ジャニーとか森光子とか大物に気に入られて得している人だと思っていたが、それもあるだろうけど、本人が芯のある努力家なんだろう。

heavenlybodies2020 at 12:00|PermalinkComments(0)雑感 

2020年11月20日

【眞子サマ】天皇皇后両陛下の“お気持ち”《皇室はもはや無理ゲー》

眞子ちゃんが公表した“お気持ち”に、上皇上皇后両陛下と天皇皇后両陛下は見守ってくれていて感謝しているとか何とか書いてあったらしい。

私は10年半ブログをやっていますが、一貫して当時の皇太子ご夫妻押しでA宮夫妻不支持でした。

天皇皇后両陛下は国民の悪口なんか言わないんでしょうが、私があのおふたりだったらどんな気持ちがするかって思います。

当時の皇太子さまはなかなか結婚相手が決まりませんでした。

初めて民間から嫁いだ美智子さまがいじめを受けたとされているのに、いくらでもよい結婚ができる御令嬢がどうして好き好んで皇室に嫁ぐかよって思いますわ。 

そんな中で雅子さんはある意味皇室に嫁いであげたんですよ。

国民の誰もがケチのつけようのないスペックの持ち主だった。

それがどうでしょう、子供がなかなか産まれない、産まれても女の子だったってんで辛い思いをされて、心身の不調をきたしてひきこもったらバッシングを受け、A宮夫妻の方が天皇皇后にふさわしい😡皇太子ご夫妻は譲位しろ(または皇族辞めろ)と言ってる人をネットで沢山見ました。

これも何度も書いたことですがね、私より上の世代は知っているんじゃないかと思うんですが、独身時代は浩宮さまは内外から(宮内庁と国民という意味です)評価が高く、A宮さんは評価の低いどうしようもない次男坊だったんです。(次男の方が高身長でイケメンとか言っている方々はともかく)

どうしてA宮夫妻の評価が爆上がりしてしまったのか私は不思議でなりませんでした。

その後、KKの破壊力凄まじく、A宮夫妻どころかその子供達まで今度は評価爆下がり、当時の皇太子ご夫妻特に雅子さまの評価爆上がりです。

やっぱり皇太子ご夫妻の方がいいやって、なんですかそれ😳国民なんていい気で勝手なものだと私は思いますよ。

これは本当かどうかわかりませんが、東京駅かどこかで雅子さまに税金泥棒❗と罵声を浴びせた男がその後、どうしてあんなことを言ってしまったのか…💦と恐縮しているってネットで読みました。

私は他人への評価ってほとんど変わらない方です。

この人はこういう人だなって思ったら、それがぶれることはあまりありません。

手のひら返しする人ってつまり自分に人を見る目がないんです。(私が人を見る目があるという訳でもないんですが)

そういう人に限って、誹謗中傷みたいなことを平気でするんです。

皇太子ご夫妻の悪口を言ってた人達、A宮夫妻を賞讃していた人達、今でも堂々とそうしているんですかね。

天皇皇后両陛下からすれば、ハイスペな嫁で結婚当時はそれなりに祝福されていたのに、子供特に男の子が産まれないという本人達の落ち度でもないことで散々嫌な思いをしたり、A宮の評価が低かったのが急上昇してまた急降下したのを肌で感じてきたでしょうから、KKに低評価を下してバッシングしている国民なんか、何好き勝手なこと抜かしてんだこのあほんだらと私なら思いますけど、まぁ天皇陛下は全ての人を敬い愛する方針の方らしいですからね。

御令嬢に敬宮愛子という名前をつけた時そんなこと仰ってましたから、そんな人になってほしいって。

だからKKのことも、それを酷評している国民のことも、とやかく言わないんでしょうけど、高評価で嫁いでも後に貶されるんだから、今KKを貶している国民の言うことも、心配の声が届いていないのでしょうかなんて言われたって私ならうっせバーカとしか思いませんよ。

私は眞子ちゃんは皇室離脱して民間人としてKKと結婚すればいいと思っていますが、現実問題としてKKはそんな“選択”はしないでしょうし皇族もしかりです。

この期に及んで私が脱力しているのは、眞子ちゃんの“お気持ち”文書によると、結婚に難色を示しているのはもはや両親だけなんでしょう。

結局眞子ちゃんの周りには、人にお金を出させて後で問題を起こす様な人は人間として難ありだっていう民間人には自然な感覚を育つ過程において持たせることのできる大人はひとりもいなかったということなのです。

生涯でお金の問題を抱えることのない皇族には不要な感覚なんでしょうね。

昔フランソワーズモレシャンという人が血統書つきの猫を飼っていて、おぼっちゃま猫と散々お見合いをさせたけどどの猫もお気に召さず、このお嬢様猫が軽井沢の別荘に行った時一晩脱走して、帰ってきたら孕んでいたそうなんです。

猫は血統書のない猫とヤッた時点で血統書つきではなくなるらしいんですね。

眞子ちゃん見てるとその話を思い出すんです。

皇族だの血統書だのって、周囲が勝手に与えている名ばかりの称号に過ぎない。

中身はその辺の野良猫とヤッちゃうそこいらの姉ちゃんなんです。

いやいや、人間ならそこいらの姉ちゃんだってその辺の野良と簡単にヤッちゃう女ばかりではありません。

眞子ちゃんみたいなタイプをいつまでも御令嬢扱いしなければならないって、無意味で虚しいことです。

猫みたいに血統書剥奪できちゃう方がいっそ清々しくてよいのに。

それができないのだから、もう国民に愛され慕われる皇室なんて存在が無理ゲーだと思います。

かといってなくす訳にもいかないし…もはや自然になくなりそうな勢いのなさだけど。 

自然になくなるのならそれが自然でいいんじゃないかとすら思えてきました。

皇室がなくなるのって日本のためにはならないというし多分そうなんだろうとは思うんですけどね。

heavenlybodies2020 at 00:00|PermalinkComments(0)雑感