終戦記念日…平和で、健康で、時間があり、お金もちょっとはあることに感謝します体力温存、戦闘準備に忙しい日々です

2019年08月16日

人は忽然と消えることがある…納得はいかなくても…そんなことが起こる

マレーシアを訪れていた英国在住少女が宿泊施設から行方不明になった。

少女は学習障害があり、助けを求める術がない、自分から両親から離れることはあり得ないと、失踪直後両親は言っていたとされる。

十日くらいして渓谷の小川で遺体が裸で発見された。

両親は誘拐を疑っていたが、地元警察は行方不明から発見に至る迄失踪と見ていたとされる。

検視の結果、誘拐や性的暴行の形跡はなく事故と判断されたらしい。

ホントかよ〜❓…と思いかけたが、よく考えてみたら、助けを求める術がないという少女なら、ジャングルにひとりで入り込んだらどうなるかなんて予見はできなかったかも知れないし、異国しかもアジアのジャングル付近なんてところに来たら、平常心を失い両親のことなんか忘れて好奇心の赴くまま出歩いてしまった可能性もなきにしもあらず。

英国在住少女が8月の東南アジアのジャングルを十日もさまよったら、服も脱ぎたくなったかも知れないし、下着も十日もはいていたら自分で脱いだかも知れない。

ただこの両親がそれで納得するか。

統合失調症だったか何だったか患っていた30代のフランス女性が日本で単身旅行中行方不明になったことがあり、その後どうなったか知らないが、確か本国の家族が日本が真剣に捜索してくれないと大統領に訴えたらしい。

外国で旅行者が失踪すると、初動を誤ったとか、捜査が適切でなかったとかいう話はほとんど必ず出てくる。

実際行方不明、人が忽然と消えて帰らないということは沢山発生しているらしい。

日本でも年間数万人の捜索願が出され、うち数千件程度は2年以内に解決しないそうだ。

自発的に行方をくらましているケースが大半だとは思うが、そうでないケースが1%としても、数十人程度は事件か事故に巻き込まれながら発覚もしていないことになる。

20年以上前、カナダの田舎でバス待ちをしていたら、20〜30人分くらいだったか、幼児の顔写真が貼られていた。

行方不明の子供達なのだった。

記憶にないが、アメリカ人も含まれていたかも知れない。

大昔、宮崎某の幼女連続殺害事件のあった頃、アメリカでは年間3万人の幼児が消えるのでいちいちニュースにならないと何かで読んだ。

今年の2月から3月にかけて南米を旅行したが、どこの空港だったかすぐには出てこないけど、手続きの列に並びながら何気なく頭上のモニターを見ていたら、顔写真が次々と出てきて、よくよく見たら行方不明者達なのだった。
(スペイン語をほんの少しかじったことがある)

アルゼンチンで観光バスに乗っていたら、道端に小さな三角屋根のついた箱状のものがたまに置かれていて、誰かがあれは何だと質問したら、交通事故が多く、死者を悼んで置かれているとガイドは言った。

後にボリビアで、ガイドと1対1で観光した時、同じ様なものがたまに見られたので、同じ質問をしたら、死者が発見された場所だと言う。

私が「あぁ、交通事故ね」と言ったら、「交通事故に限らない。“人間の身体”だ」と言うのでうわぁ…ってなった。

アルゼンチンでも、交通事故とか言っていたが、恐らく交通事故に限らないのじゃなかろうか。

またボリビアでは車で行くと小さな検問みたいなのがあって、盗難車の写真が何枚か貼ってあった。

私が「車がよくなくなるんですか」と聞いたら、「車だけじゃない。人間もだ」と言う。

するとたまたま何もない長い道をひとりでてくてく歩いている男性がいたりして、私は笑いながら「ああいう人がそのまま消えちゃうとか❓」と言ったら、真面目な顔で「そうだ」と言う。

冗談にもなっていなかったらしい。

ひとりの人間が忽然と消えるなんてことは、地球上では限りなく起こっているみたいだ。

事件、事故、自らの意志…理由は色々で、そのまま見つからずじまいなこともあれば、遺体で見つかれば遺族には納得がいかないことが多い様だ。

そうそう、カナダのイエローナイフで遺体で発見された日本人の女医さんも、自殺と処理されたが、弟さんだっけか、絶対に自殺する人ではないと言っていたらしい。

さて、かくいう私は天涯孤独で、ある日忽然と消えても多分誰も気がつかない。

私は自宅と親の家を行き来していて、どちらの近隣も「たまに来る人」という認識で、永遠に来なくなってもきっと誰も気にしない。

アルバイト先や習い事先も、行かなきゃ電話はするかも知れないが、電話に出なくてもバックレ扱いで処理され間違っても捜索願なんか出さないだろう。

それを考えると必ず夢想することがある。

こんな私が日本人最高齢になってしまって、普通なら孫何人、曾孫何人、玄孫何人とか言われるところを、直系親族ゼロです😄ナニナニやアレコレをしたりして毎日楽しく暮らしています😄と最高の笑顔を見せている姿である。

heavenlybodies2020 at 05:00│Comments(7)事件 | 雑感

この記事へのコメント

1. Posted by は   2019年08月16日 07:42
女医さんって、ご遺体見つかりましたっけ?
2. Posted by ☆HeavenlyBodies☆   2019年08月16日 08:42
>>1
半年かもっと経っていたかな…原生林か何かで観光客が発見しました。
日本の友人に自殺をほのめかす手紙を出していて、自分の意志で入り込んだものと処理されました。
3. Posted by ☆HeavenlyBodies☆   2019年08月16日 09:10
>>1
ネット情報なので真偽は不明です。
4. Posted by yosiko   2019年08月16日 16:30
日本も昔から神隠しってと言って子供が居なくなること(大人も)有りましたからね

アメリカは誘拐は数知れないようですね(c国もらしいですが)

2月の留学生エクアドル嬢スマホ何度も盗られたってッて

手に持っていて取られるって

わざわざ画面壊れたの持っていました

壊れていると盗られにくいとか言ってました

盗られた時抵抗しないのだそうです

抵抗すると命まで取られるってスマホだけ持って行かせるって言ってました

お国の違いですよね 
5. Posted by ☆HeavenlyBodies☆   2019年08月16日 17:20
>>4
C国は大量失踪があって臓器売買の可能性があるって、怖いですね。
中南米は若い外国人女性観光客が、拉致されて性奴隷として売買されるとか、怖いです。
言ってはいけないことですが、おばさん、おばあさんになると生きていく上でこの手のリスクはなくなっていいかな。
スマホ置き忘れて手元に戻るのは日本だけって言いますね。
あと北欧とかスイスとかもいい方らしいですが。
日本も私のアルバイト先なんかでスマホ類の盗難は発生しているみたいですが、命とられる心配は日本はほぼないですし、治安がいい国に生まれ育ったって本当に幸運です。
6. Posted by な   2019年08月16日 22:33
ブログの更新がしばらく止まったら…

livedoorに連絡しましょうか?
7. Posted by ☆HeavenlyBodies☆   2019年08月17日 07:40
>>6
お気遣いありがとうございます。
スキのないタイプなので犯罪には遭わないと思いますし、突然死の類いも60歳迄は大丈夫かなと思っています。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

終戦記念日…平和で、健康で、時間があり、お金もちょっとはあることに感謝します体力温存、戦闘準備に忙しい日々です