《猫日記》うちの体力温存、戦闘準備猫りん達【注意】ジジイ弾炸裂記事につき、性格のいい人は読まないこと

2019年08月19日

【目指せ旅行出発迄に50キロ】←無理だわ…さすがの私も更年期には勝てない

【目標】
8月18日…52キロ
9月18日…51キロ
10月18日…50キロ


8月18日に自宅にいないので、体重を測れませんから、8月17日。

DSC06786

DSC06785

ここまで順調でしたが、もうこれ以上は落ちません。

もう3週間くらい、51.5〜52.3キロで推移しています。 

私のおちりや太腿はなんでできているのでしょう。

てこでも動かないこの肉もどきは一体なんでできているのか本当に不思議です。

もっとも街でおデブさんを見たら、どうしてあそこまで太れるのだろうと思いますから(私も61キロ迄は行ったけど、もう階段上るのしんどかったよ)、所詮体質のひとことでしょうね。

体内にデブ菌があるか痩せ菌があるかで決まってしまうらしいから。

痩せ菌保有者のう◯こを体内(腸内❓)に注入すると簡単に痩せるそうですね。

もっとも私は、ただ痩せたい訳ではないので難しいのです。

正確には、おちりのお肉を削ぎたいのではなく、持ち上げたいのです。

プリッとさせたい、そう、プリケツになりたいのです。(⬅まだ言ってんのかあんた😔)

Yahoo!繋がりの方がまだ残っていらっしゃったら、すみませんねぇ、耳タコで。

きっと私一生これ言ってますので。

85歳のばあさんがプリケツになりたいとかブツブツ言っていたらあっぱれです。

銭湯の80代のばあさん達は、病院と薬の話ばっかりです。

自分のおちりなんて多分15年くらい見ていないんじゃないの。

もっとも今回の減量はおちりあまり関係ありません。

若い時買ったフォーマルスカートがはければいいのです❗

今は恐らくウェストがギリとまるくらいかと思いますが、試そうにもエアコンのないうちであんなもの着る気になれません。

ギリとまった状態でごはん食べるのもういやです。(⬅なぜにそこまでするのか😔)

まぁ3〜4年前にはいた時に、これが最後だなと覚悟はしましたがね。

それに赤いスカート、今年引っ張り出したら少し引っ掻き傷できていたし。

スーツケースに入れるとかさばるしねぇ、あれ。

この年齢迄処分しなかった上、この年齢近く迄はいたっていうだけで、まぁ長寿をまっとうできたスカートではないでしょうか。

はけてもよし、はけなくてもよし、とりあえずあと2ヶ月ギリギリ迄頑張ってみます。

あと2ヶ月❗

ひゃっほー ❗

heavenlybodies2020 at 05:00│Comments(6)【salud】 | 美容

この記事へのコメント

1. Posted by は   2019年08月19日 07:51
食べないと、代謝が落ちるので食べた方が痩せます。
2. Posted by ちょ   2019年08月19日 10:00
運動に慣れてらっしゃるようなので、パーソナルトレーナーをつけて、筋トレするしかないようですね。RIZAPなんていかがですか?
3. Posted by ☆HeavenlyBodies☆   2019年08月19日 13:07
>>1
今日はいくらか涼しいので、冷蔵庫にあったもの(買い物してない)炒めて食べました。
4. Posted by ☆HeavenlyBodies☆   2019年08月19日 13:10
>>2
身体を動かす習い事をしているだけで、運動神経は発達しておらず、筋トレの類いは全くダメですねぇ。
5. Posted by yosiko   2019年08月19日 15:43
普段からダイエット見たいな食生活でも痩せないのですね

理想体重維持って難しいのでね

体重は食べ無いのが痩せるとお思うのですが太る食生活何が原因なのでしょうね

理想体重に成った時から食生活太らない食事にしたら体重維持できるのではないでしょうかと思うのは

ダイエットした事無い者の考えですかね
6. Posted by ☆HeavenlyBodies☆   2019年08月19日 16:20
>>5
私の場合、健康体重のベストは53キロで、体力が落ちず、階段も上りやすく、贅肉も気にならなくなるのがそれくらいです。
美容体重のベストが52キロで、裸や下着姿で一番きれいになるのがそれくらいですね。
今はアバラが浮き始めで、大人の女性として美しいとは言えません。
51キロを割ると体力が落ちます。(階段を上るのが疲れるとか)
筋肉をつけて痩せたいと試みていますが、これがなかなかうまくいかないですね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

《猫日記》うちの体力温存、戦闘準備猫りん達【注意】ジジイ弾炸裂記事につき、性格のいい人は読まないこと