帰国したら待っていた2つのクビ(❓)“あなたを一生去りません”という約束習い事Aは退会、習い事BとCに復活しました…鬱っぽく、食欲がないです

2019年11月06日

日常的現実に直面したら、無職独身コナシおばさんの屈折した感情を自覚した

習い事Aをクビ(❓)になったことを昨日書いたが、そもそも忙しくて通えないから休会したのだから、クビにならなくても続けたかどうかわからない。

10月の旅行があるから日雇い派遣で働いていたが、今年は3ヶ月半も旅行しているし、旅行が終わったこれからは1年くらいはしっかり働きたい。

そもそも4月に帰国した時点で1年くらいはしっかり働くつもりだった。

10月の旅行が決まったので固定のパートは断念した。

もっとも、今回も帰国したらすぐ働くつもりだったが、サロンで高いお金をかけたネイルがもっているので、もったいないからすぐ働くのはやめた。

すっぴんでできる仕事でないと嫌で、そうなるとネイル禁止が多くなる。

本当にダメ人間になったものだ😱

パートは神奈川で探そうと思っている。

10月から最低時給が1011円になっているし、火曜〜土曜と神奈川で習い事をする予定だからだ。

火曜〜土曜と神奈川に落ち着けば、親の家への移動の労力も交通費も銭湯代も減らせる。

旅行前は火曜、木曜、(9月末から金曜、)土曜と神奈川で習い事をしていたので、週3回も親の家に移動するのが負担でならなかった。

金曜に神奈川で習い事C、土曜午前に親元で習い事A、午後に神奈川に舞い戻って再び習い事Cというお金と時間の負荷は、好きなことだから苦にならないという状態ではなかった。

習い事Aのクビ(❓)については、今思うと仲間意識が崩れたのを出さないようにしていたつもりが微妙に出てしまっていたのかも知れないと思う。

当時ヤフブロで書いたのだが、去年の秋頃初めて女子会(女子しかいない)をしたのがきっかけだった。

新しく入った女子が0歳児がいて育休中で、妊娠中に離婚が決まり、出産後離婚、再婚が決まっていて婚約者は前夫より高収入と話すのを聞いてドン引きした。((男が)かぶってないですよと爽やかな笑顔で言っていた)

ヤフブロで書いたか忘れたが、先生が元キャバ嬢で夫はそのキャバクラの経営者だと知り、ごく簡単な漢字が全く読めないことを知り、別の女子が大学時代キャバ嬢のバイトをしたこと、近々同棲を始めることを知った。

更に、やはりこの時新人だった女子が今妊娠中で、出産後復帰予定である。

その後、また0歳児がいる女子が入った。

この中に悪いことは1つもないのだが、それまで私の交友関係にはいないタイプの人達だった。

習い事Aは健全な趣味ではあるが、良家の令嬢はまずやらないと思われる類いのものだ。

例えば眞子さま佳子さまが習っているとなったら国民はちょっと(の十倍くらい❓)ひくであろう類いのものである。

こういうものを習う女の子って、やはりそういう子が多いのかなと気持ちが下がったのは間違いなかった。

また、私は公務員か一部の恵まれた人を除いたら仕事か家庭か二者択一を迫られた世代の女性だった。

仕事も結婚も出産も、そして0歳児がいても趣味も諦めないでいい今の若い女性が妬ましいのかも知れなかった。

それまで私は、今の若い女性は可哀想だと思っていた。

収入は低く、年金はもらえなくなる。

でも、無職独身コナシおばさんに哀れまれるなんて心外だろうなと思う程度に恵まれているし、可哀想だなんて気持ちはきれいさっぱりなくなった。

そんな屈折した感情が、変わらずに接しているつもりだったのに、微妙な変化となって表れていたのかも知れない。

私が今年のイベントを全休したのは、多忙だけが理由ではなく、去年はあった、みんなと心ひとつにしてイベントに出たいという気持ちが冷え切ったことも原因であると認識している。

0歳児、1歳児のママ友祭りになってるもの😊💦

そんな微妙な気持ちの変化が伝わったのだろうと思ったら、微妙過ぎて先生方もブロック以外になかったのだろうと納得した。

でもやっぱり、総合的には自分の世代に巡り合わせてよかったと思ってるんだけどね❗


heavenlybodies2020 at 00:00│Comments(5)雑感 | アルバイト

この記事へのコメント

1. Posted by パスコ   2019年11月06日 18:53
その習い事のメンバーなら辞めるに一票です。
私も「仕事か家庭か二者択一を迫られた世代の女性だった」環境で育ちました。
女の子は家事手伝いというのもアリな風潮で短大まででいいんじゃない?ってところで正直楽でもありました。周りもあんまり勉強熱心でもなくある程度今の仕上がりに満足しています。

「仕事も結婚も出産も、そして0歳児がいても趣味も諦めないでいい今の若い女性」は私には大変に見えます。
旦那の稼ぎがきっと自分の親の頃より悪いのでしょうか。
全部しなきゃいけないと競い合わされるような…あまり羨ましくないです。
そんなに器用ではありませんからその世代に生まれていたら生きづらい人になっていただろうと思います。
偏見混じりの想像ですがその世代の親はバブル世代のはずで、ゆとり世代の始まりではないでしょうか?一緒に働いたことが何回かありすぐ辞めていくのでなんとなく波長が合わないです。ガッツが足りないと言うか…。
つい愚痴を書いてしまいましたすみません。

これからも苦手な人は気にせずこれまで通り真面目にやっていきます。
☆さんもとても真摯に色んな事に取り組まれていて素晴らしいと思いますから変な小娘たちに惑わされないで下さいませ。
仕事も私は寒いから朝仕事に行きたくないです。でも遊ぶ金欲しさと信頼を裏切らないために休まず行って来ました。
この今のままブレずに自分のペースでのんびり生きたいなと思いました。
急に寒くなってきましたね、風邪引かないようにあたたかくしましょうね🍊
2. Posted by yoshiko   2019年11月06日 20:11
今の若い人たち子供飾りぐらいにしか思っていないのでしょうね

スマホ向かっていて子供と向き合っていない

ましてお稽古事もママ友サークル状態では付き合いきれないですね

でもお金はどうしているのでしょうね
お稽古事でもお金かかるでしょうにね

結局手軽に収入になる水商売ですか

将来の事考え乍ら暮して行く事無いのでしょうね

☆さん少し休んで先進んでで下さい

※佳~子へそ出しダンスしているってネット賑わしてましたね
ダンスって若い子の発散なのでしょうかね
3. Posted by ☆HeavenlyBodies☆   2019年11月06日 22:20
>>1
いつも温かくお優しい言葉をありがとうございます。
私も自分が今の時代に若者だったらきつかったと思いますし、代わりたい訳ではないのです。
私が若かった頃は頑張れば報われた時代、ちょっと(かなり❓)ダメでも救われた時代でした。

二者択一は言い換えると、棲み分けができたということです。
私は猛烈に働きましたが、産休育休中の人の仕事が回されたことなんかありません。
ネットで読む限りですが、妊婦や乳幼児持ちの仕事を回されて、愚痴ったらマタハラ扱いの今の人達は大変だと思います。
もちろん自分も産休育休をとったかこれからとるならお互い様ですからいいと思いますし、要は棲み分けるべきなんです。
記事の産後離婚した人は看護師ですが、子供がいるから夜勤免除だそうで、月3回ですが夜に習い事ですから、私が同僚のコナシ看護師でそれを知ったらあまりいい気持ちはしません。
看護師とか安定して仕事があって高収入でいいと言われますが、何か色々ありそうで私は全く憧れないです。
もちろんきちんと仕事している看護師は基本尊敬しています。

今の若い女性は政府や男性から仕事も家事も育児も介護も当てにされて気の毒です。
クイーンエリザベスでは夫が妻を大切に労っていて、日本で生まれた以上結婚しなくてよかったとつくづく思いました。
私はランドリーに行かなかったのですが、聞いた話だと洗濯も回収もイギリス人はほとんどみんな夫が来るんだそうです。
添乗員さんが、可愛い家が多いですけど共稼ぎが当たり前なので基本家の中は汚いと言っていました。
日本に生まれてよかったと思いますが、日本で妻にならなかったことに悔いはありません。
4. Posted by ☆HeavenlyBodies☆   2019年11月06日 22:22
>>1
(字数オーバーでした)
習い事のメンバーは元は初級入門合同クラスで、何故か銀行勤務が多いとかで年齢やや高めの堅い人ばかりだったんです。
2018年に初級と入門が分離し、入門は初級に上がったり辞めたりして私が一番古株になり、新しく入る人のタイプが変わってきました。
前はいい子ばかり…というか今も悪い子はいないんですが、何か私とはタイプが違うんですね。
でも本当に素晴らしい経験ができた楽しい3年余りでしたし、機会があればまた別の教室で習いたいです。
5. Posted by ☆HeavenlyBodies☆   2019年11月06日 23:00
>>2
十年以上前、土日祝祭日にブライダルアテンダントのバイトをしたのですが、4組に1組がデキ婚で、妊娠したから産むケースが増えているのかなぁと思いましたし(私はデキ婚自体は非難する気持ちは全くないですが)、今は妊娠中や乳幼児を抱えての離婚が多いみたいですね。
今は妊娠出産を理由に退職させるのは違法らしいですし、この記事の0歳児持ちの人達は仕事辞めていませんから(今妊娠中の人は知りませんが)、習い事代くらい出せると思いますよ。
我慢とかするタイプじゃないと思いますし、仕事もあるとなれば、そりゃあ妊娠中だろうが乳幼児がいようが何か不服があれば割とあっさり離婚するでしょうね。
ネットなんかで読む限り、お金さえあればそんな夫(子供にとっての父親)いらんだろうって男が多いのも事実ですね。
赤ちゃんの世話で大変なのに、妻に面倒見てもらう気満々、何もできない、それでいて昔みたいに稼いでくるならまだしも、妻の稼ぎをちゃっかり当てにする夫とか邪魔なだけですわ。

ヨーロッパの王室も変なの多いし、変なの拾ってきて結婚するのいるし、世界的にもう“高貴なお方”なんてものを期待するのが無理なんじゃないですかね。
“高貴なお方”につり合うような人は、何も王室皇室の人と結婚しなくてもよい人生が送れるのだから、それ以外の中からいまいちな人と結婚するしかなくなるのも必然かなと思います。
眞子さま佳子さまには何も期待していませんが(あと弟も)、愛子さまには誰もが祝福できて本人もお幸せな結婚をしてほしいと思っています。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

帰国したら待っていた2つのクビ(❓)“あなたを一生去りません”という約束習い事Aは退会、習い事BとCに復活しました…鬱っぽく、食欲がないです